カードローンを利用する際の審査内容や審査基準はどんなものか

私は今年大学を卒業したばかりの新社会人です。一人暮らしで何かと物入りのため銀行や消費者金融でカードローンを利用したいと思っているのですが、申し込みの際に審査を受ける必要があると聞きました。
その審査の内容や基準はどのようなものでしょうか。また、その審査は厳しいのでしょうか。

審査内容や審査基準は利用者の返済能力を確認するためにある

銀行や消費者金融でカードローンを利用するためには申し込みの際に審査をうけることになります。審査は申込者に返済能力があるかどうかを確認するために行われますが、その審査内容は申込者個人の信用情報、収入情報や仕事関係の情報などが対象となります。また、審査基準はそうした信用情報などをもとに設定されますが、各金融会社によって内容は異なります。

審査内容の個人に関する信用情報は、個人信用情報機関から得られる情報などで、カードローンやクレジットカードなどの契約内容とその返済状況である取引情報や、そうした金融商品の申込みや契約の内容などの照会記録情報です。たとえば、現在のカードローンの借入状況や過去の取引履歴、過去の支払いや遅延の履歴などの情報です。

また、信用情報とは別に個人の収入に関わる情報も主要な審査対象となります。例えば、年収、職種、勤務先、勤続年数や家族構成などの情報です。つまり、どれくらいの収入を得てどれくらい支出しどれくらい返済にお金を回すことができそうか、ということを判断するために必要な情報といえます。

さらに、本人確認として在籍確認が審査の一貫として行われます。申請した申込者が本人であるか、収入を得る勤務先に本当に勤めているのかを確認するために在籍確認が行われます。通常は、金融会社が申込者の勤め先に電話連絡をして確認するのが一般的ですが、依頼すれば金融会社名を伏せて個人名で連絡してくれることも多いです。

そして、これらの情報をもとに審査基準が各金融会社で設定されます。どの情報に重点を置くかはその会社の考え方次第で、公表されるものではありません。会社により、複数の借入、支払の遅延の回数、収入額、家族構成、勤務先などに対する重点の置き方、ウェイト付け異なりますので、ある金融会社での審査は通過するが、別の会社では通過しない、ということも当然あります。

したがって、申し込んだ1社の審査が通過しないからと利用を諦めるのは早計であり、複数の会社で確かめる必要があります。最近の審査は短時間で行われるようになっていますので、複数の会社で確認しても大きな負担になることも少ないです。

カードローンの審査ってどんな内容なの?内容は公表されていません

カードローンは、日常の生活を支えるため、また生活をより豊かに送るための必需品と言ってよいでしょう。それゆえ、カードローンを利用された方や利用している方はたくさんいると思います。

カードローンには銀行や消費者金融のカードローンがあります。そして、カードローンを利用して融資を受ける際には必ず審査に申し込んで、その審査に通らなければなりません。

一方、銀行のカードローンでも消費者金融のカードローンでも審査の内容は公に公表されていません。だから、「銀行や消費者金融のカードローンに申し込んで融資を受けたい」と考えている人は、審査に通るかどうかで気を揉んでしまうのです。

審査の内容が分からない一方で、「銀行や消費者金融のカードローンの審査に通り易い人」はいるのです。そして、そのような審査に通り易い人の基準がカードローンの審査の内容と置き換えてみると、大まかな審査の内容が見えてくるのです。

では、その点についていくつか見ていきましょう。まず、審査に通るためには満20歳以上の成人であることが最低条件となります。それゆえ、他の審査基準を満たしていても成人未満の方は審査に通りません。

しかし、成人でなくてもカードローンの審査に通る例外があります。それは配偶者が連帯保証人になるケースです。次の大前提としては、働いており一定の安定収入があるということです。

換言すれば、無収入の人や無職の人はカードローンの審査に通らないということです。ただし、これにも例外があり、たとえば無収入の専業主婦であっても配偶者の承諾や配偶者の年収を暗に担保として審査をパスできるのです。

その次に重要になるのは、金融ブラックではないことです。金融ブラックとは、返済の遅延を繰り返したり、滞納したり、また自己破産や任意整理をして信用情報にブラックが付いてしまったことです。

大半の銀行や消費者金融のカードローンの審査では金融ブラックだとまず審査に落ちると考えてよいでしょう。さらに審査の対象となるのが、「他社から借入れがあるか否か」また「他社からの借入の残債がどのくらいあるのか」ということです。

数社から借入れがあるとか、他社から借りた残債が多く残っているとかいった場合には審査に落ちることがあります。 そして、最後の審査内容と考えられるのが、個人の属性です。

個人の属性とは、勤続年数、年収、年齢、持家か借家かといった個人情報です。勤続年数が多い方や年収の多い方、また若い方や持家の方のほうが審査において有利に働く場合があります。

しかし、カードローンの審査においては、個人の属性はそれほど深く問われないと思われます。以上の審査の内容をすべてクリアできる方がカードローンの審査に通り易い方と言ってよいでしょう。

さらに付け加えれば、消費者金融のカードローンの審査の方が銀行のカードローンの審査よりも“緩め”と一般的に言われていることです。また、消費者金融の中でも厳しめと緩めの審査があります。

このことは銀行のカードローンの審査にも当て嵌まります。それゆえ、口コミ情報などを上手に利用して、なるべくカードローンの審査の内容が緩いところを探して申し込むのが賢い策と言ってよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※フリーランス融資!※起業を応援!優良金融会社サイトはココ! All Rights Reserved.